平屋建て古民家で16匹の猫とのんびり暮らしいます。乳がん治療の事・家族や仕事の事も だらだらと綴っています。


by matsuko-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

入院11日目

暇!

手術から10日、
まだ、病理検査の結果も教えてくれず、
脇に入れてあるチューブからは、
リンパ液が多く出ているから
抗がん剤治療も出来ないらしく、
1日2回の体温測定だけ。

あ~ヒマ。
猫たちのトイレ掃除が懐かしい…
本も、もう読み飽きたし、
3度の食事が待ちどおしい…ん?これは、
元気な証拠?
そうあってほしいな~。
[PR]
# by matsuko-san | 2011-06-25 17:43 | 日々のこと

皮下腫瘍摘出

乳がんの手術をしてから2年目の検診に行ってきた。
毎月1回、薬(抗ホルモン剤)をもらう為、主治医の診察はうけている。

去年あたりから、手術した近くの皮膚に、気になる固まりがあったんだけど
主治医は、
「あ~、これは大丈夫。気にしなくてもいい」って言うもんだから
脂肪の塊ってことで、無視無視・・・していた。

でも、少しづつ大きくなってる様な気がして、どうしても、気になっちゃう感じなんですが
と言うと、
「じゃぁ、紹介状を書くから、手術を受けた病院へ行ってみる?問題ないと思いうけどねー。」
と言われつつも、念の為と思い、行く事にした。


そして昨日、診察の結果
「あれこれ考えず、これはすぐ取りましょ」と言われ
局部麻酔で手術することになった。

しゅ・じ・いぃーーーーー!!
ほらな!だからだいぶ前から訴えてたのにぃ~。


でもまぁ、私的には、イボでも取る感じかな?と思ってた。

それが・・・
それが・・・
緑の手術着に着替え、(髪の毛が出ない様に使い捨ての帽子も)
ちゃんとした大手術をする様な設備万全の手術室に連れていかれた・・・。

これはちょっとヤバイぞ~
先生や看護師さんがけっこう沢山待機してるではないか・・・。
き、きんちょーーーー。

手術台に上ったら、手足を固定され、
ドラマで見る様な大きくて丸い照明が付いて
すっぽり、布をかぶせられた。

何も見えないけど、恐怖はマックス。
看護師さんが
「大丈夫ですよ~、手を握ってますからね~」って、
これが一番の安心感だった。

「では局部麻酔します」って
しこりがあるのは脇部分、それに目掛けての注射で、これが痛い痛い。
その麻酔が効くまで少し時間があるのかと思いきや、
その直後、「ジリジリゾリ・・・」って焦げ臭いがして、さっそく切ってるではないの。
それに、まだチクって痛いから、ビクって腕が動くと
「はい、麻酔を追加します」とまた注射。
そのあと、引っ張られ感じや、ピリピリする感じがするなか、ジリジリとかジョキジョキとか
さすがの私も、もう、震えがきました。

これ絶対、局部麻酔でやっちゃぁダメでしょ。
お願いだから、眠らせてからやってくれ~、
せめて、ヘッドホンで音だけでも聞こえない様にして~
って、心の中で叫びながら、早く終わる事を祈ってると、

「はい、取れましたよ」と言ってその肉の塊を見せてくれた。

ヒェ~!!こんなに取っちまったの!!??
3cmX6cmだそうでビビりました。

これを病理検査に出せば、乳がんの再発かどうかわかるらしい。
乳がんの温存手術後2~3年が再発の確率が高いそうだ、
どうしよう・・・また入院になったら、
猫たちのことが心配でたまらない
[PR]
# by matsuko-san | 2011-06-07 21:18 | 日々のこと

祈り

同じ空の下、

同じ時間を過ごしていても

ただただ祈る事しかできません。

今すぐ助けを求めている人がいるのに

ただ祈る事しかできません。


1日も早く、

苦しんでいる方々が救われます様に

1日も早く、

行方不明の方々が見つかります様に

そして

亡くなった方々が安らかに眠れます様に



いつかきっと

この涙が力に変わり

もっと強い人になり

必ず乗り越えれると信じます。



今までだって

日本は

日本人は


愛と勇気で乗り越えてきたのだから。
[PR]
# by matsuko-san | 2011-03-15 10:33 | 日々のこと

秋の夢

朝晩、やっとヒンヤりしてきた。
それでも、まだ半袖で過ごしている。
今年はちょっと秋が遅い気がする。

この気候のいい時期でも、我が家は窓を開放できない。
猫たちの脱走防止のせいでもあるけど
すぐ前面に交通量の多い道路があるから
窓をあけると、テレビの音も聞きづらいし、
築30年を越すこの中古住宅は、サッシにもガタがきてるのか
窓の開閉はスム-ズじゃない。
ましてや、網戸なんて、動かすたびに外れる。

あ~引越したい・・・。

この場所は
JRの駅まで徒歩10分とかからないし、
学校もコンビニも何でも近くにあって
便利で人気のある学区ではあるけど
とにかく、窓が開けれる生活がしたい。
とささやかな夢だけど・・・。

仕事で住宅設計をする時は
色使いや素材感、ラインの美しさが一番気にかかるところだけど
今、自分の住みたい家の一番のポイントは
「スム-ズに開く窓」なのだ。
窓の性能だけじゃなくて、もちろん、その窓の外の環境も
車の音が聞こえない静かな環境の所に住みたい。

できれば、猫たちが外遊びできるネットフェンスで囲われた庭もほしい。

ほしいよね、みんな!
f0222768_20432717.jpg


今日、住宅メ-カ-の「展示場を680万円でお譲りします」に応募してみた。
床面積が90坪もある、驚愕のモデルハウス。
たぶん、建築費用は8000万以上はかかってるだろう代物だ。
もし、当選しても我が家、その680万をどうやって捻出するのか、
そこが問題だけど、
少しの間、猫たちには「ニャグルジム」を、そして「スム-ズに開くサッシ」を夢見て過ごそう。
[PR]
# by matsuko-san | 2010-10-16 21:01 | 日々のこと

演奏会

娘の所属する楽団の演奏会に行ってきた。
娘はフル-トで出演。
この楽団は社会人中心の楽団で、年齢層も職業も幅広い。
何歳になっても出来る音楽が趣味って、ほんとにいいね。
前半はクラシックで、後半は歌あり踊りあり、演奏者本人が楽しんでる感じ。
ソロパ-トはどの人もリラックスしてて堂々と演奏してた。
メンバ-には音楽の先生や、中学校の吹奏楽部顧問の人もいるらしく
本格的な音色で、すごい迫力だった。
本当に音楽が好きな人の集まりなんだろうな。

f0222768_21253011.jpg


そういえば、コンサ-トってもう当分行ってないなぁ。
一番最近は数年前、
「悲しい色やね」が大ヒットした上田正樹ののコンサ-トに行ったっけかな。
しかも、夫の同級生が女将をやってる倉敷の旅館でのコンサ-トだったから
あの上田正樹がすっごく間近で見れたし、迫力もあったな~。
その時買ったCD「Imagine」はジョン・レノンのあのイマジンのカバ-で
これもよかった・・・。

やっぱり、時々はこんな時間がほしいね。
[PR]
# by matsuko-san | 2010-10-11 21:08 | 日々のこと

新種の植物か!

f0222768_18311757.jpg

なんじゃこれ?

作業は、おてんば娘「チーちゃん」
f0222768_18323888.jpg

斬新な観葉植物にしてくれた。
[PR]
# by matsuko-san | 2010-10-06 18:34 | ねこのこと

北海道の恵み

北海道のさっちゃんから届いた
北海道の恵み

かの有名な「だったんそば」
f0222768_1331884.jpg


ルチンが豊富で成人病にはもってこいらしい
食物繊維は普通のそばの10倍だって・・・
最近、便秘がちだから、ありがたいわぁー。

そして、「だったんそば茶」
f0222768_13312597.jpg

これ、楽しみ~。
歳とると、お茶がうれしいんだよねー。
それにしても「だったん」ってどうして「だったん」なんだろう・・・。

北海道の最高にいい香りの昆布
f0222768_13314298.jpg

とっても質がいいよ。
やっぱ、違うね。
美味しい鍋するぞ~!!

自家製いも
f0222768_1332499.jpg

f0222768_13322512.jpg


料理上手の腕を振るおうと
ジャーマンポテト素」を買って、ジャガイモが届くのを待ってました!
いや、そんなもん使わなくっても
料理上手なのよ・・・
でも時間がなくて・・・そ、それに、
ちょっと今体調が・・・042.gif


ち-ちゃんも箱ありがとう!って。
丁度いい大きさだってさ。
f0222768_1330495.jpg


さっちゃん、ありがとう!!
[PR]
# by matsuko-san | 2010-09-23 13:41 | 日々のこと

タマからの手紙


オレ、タマ、


3年前、tomcat家に連れて来られたんだけど


あの時 オレ、ひどい風邪だったんだ。


ビョウインへ行ったらさ、


エイズってのもわかっちゃったんだ。


普段から歌舞伎役者みたいな顔で

そいで

動作もスンゴク のろいのよ、オレ。


家にいたナミちゃんを見ていたときも


ノロマながらマジで 見ていたんだけど


tomcatたちは クスクス笑ってやんの~


オレ、わりといつも真面目なんだけどな・・・・


ナミちゃんの旅立ちのときもちゃんと一緒に見送った。


ずっと息が苦しい感じだったけど


今年になってから シュヨウっていうのがわかって、


イシャは あと1週間、って言ったの。


オレ、けっこう粘り強いタイプ。


それから1カ月以上も頑張ったの。



だって、なみははが


酸素ハウスってのも借りてくれて


そいで呼吸が だいぶ楽になったの。


そいで、


オレ、結構がんばったから


オレ、 バイバイって言った。


なみははは


オレのことを苦しめた、

苦しい時間を増やしてしまった、と泣くよ。


オレ、

今は、っていうか

普段から言葉しゃべれない。


でもこれだけは伝えたい。


3年前、


オレ、


この家に連れて来てもらって


だからさ、


寒い思いも


ひもじい思いもしなかった。


少し、心細いときには


なみははのそばにいられた。 ヘヘッ


外にいて怖い思いもしなくて済んだ。


オレ、


顔に出ないタイプだけど・・・



オレ、


幸せだった。


オレ・・・



生まれて来たこと、


ホント、良かった。


だからさ、


もうちょっとしたら



笑った顔を見せてな。


オレ、


tomcatと なみははの


笑った顔、好きなんだ。


オレ、


ありがとう、って言うよ。



聞こえたかな・・・?


長生きさせてくれて、


    ありがとう。

★-------------------------★

ありがとう タマ

ありがとう すずめさん

[PR]
# by matsuko-san | 2010-09-21 09:03 | ねこのこと

セバスチャン

娘のスティ先に「ぱ-君」似の猫がいるらしい。
名前はセバスチャン。
「セバスチャン」ってあんた・・・
かっこいいじゃないの。
f0222768_16263033.jpg

ならばこっちも横文字で
「ガリガリガリクソン」です。
f0222768_16351552.jpg



本当ならもう帰宅しているはずの短期留学中の二女。
どうやら、オ-バ-ブッキングにあったらしい。

代替え便で香港経由に乗せられ
香港から電話あり
またトラブルがあったらしく
今度はソウル経由-関空便に乗せられる。

たぶん、英語が堪能なら「NO!」と言って
絶対、乗って帰る!!とでも言えただろうけど
しかたない。

それにしてもオ-バ-ブッキングなんて
なんで、そこまで満席にして、儲けようとするかなぁ。
2~3席空いてても、客が気持よく搭乗してくれる方がいいと思わないのかなぁ。

欧米的感覚は
従業員の立場では「そんなこと自分の責任じゃないし」って感じらしく
誰一人として謝ったりしないらしい。
それって、腹立つ~!!
やっぱり日本の丁寧さを改めて感じる。
[PR]
# by matsuko-san | 2010-09-20 16:36 | 日々のこと

タマちゃん旅立つ

長い間、よく頑張ったタマちゃん。

今日お昼3時過ぎ、

静かに息を引き取った。

覚悟はとっくにできていたのに
涙が止まらないのはどうしてかなぁ・・・。

苦しかっただろうけど
あのゴォーと酸素を送るうるさい音のする酸素室で
じっと頑張ってくれた。
1日が長かっただろう。
地獄の様な日々だったと思う。

どんな最期だったとしても
心残りな事はいつもたくさんある、
もっと違う最後があったんじゃないかなと思う。

嫌な事ばっかりして
長い間、頑張らせて
辛い思いをさせてしまった。
ゴメンねタマちゃん、ほんとうにゴメン。
やっと楽になったね。

明日12時にタマちゃんは荼毘に伏す。
小さなお骨になって帰ってきたら、そのあとはもう
ナミちゃんの隣でずっと一緒にいよう。
[PR]
# by matsuko-san | 2010-09-17 17:22 | ねこのこと