平屋建て古民家で16匹の猫とのんびり暮らしいます。乳がん治療の事・家族や仕事の事も だらだらと綴っています。


by matsuko-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:むすめのこと ( 7 ) タグの人気記事

演奏会

娘の所属する楽団の演奏会に行ってきた。
娘はフル-トで出演。
この楽団は社会人中心の楽団で、年齢層も職業も幅広い。
何歳になっても出来る音楽が趣味って、ほんとにいいね。
前半はクラシックで、後半は歌あり踊りあり、演奏者本人が楽しんでる感じ。
ソロパ-トはどの人もリラックスしてて堂々と演奏してた。
メンバ-には音楽の先生や、中学校の吹奏楽部顧問の人もいるらしく
本格的な音色で、すごい迫力だった。
本当に音楽が好きな人の集まりなんだろうな。

f0222768_21253011.jpg


そういえば、コンサ-トってもう当分行ってないなぁ。
一番最近は数年前、
「悲しい色やね」が大ヒットした上田正樹ののコンサ-トに行ったっけかな。
しかも、夫の同級生が女将をやってる倉敷の旅館でのコンサ-トだったから
あの上田正樹がすっごく間近で見れたし、迫力もあったな~。
その時買ったCD「Imagine」はジョン・レノンのあのイマジンのカバ-で
これもよかった・・・。

やっぱり、時々はこんな時間がほしいね。
[PR]
by matsuko-san | 2010-10-11 21:08 | 日々のこと

セバスチャン

娘のスティ先に「ぱ-君」似の猫がいるらしい。
名前はセバスチャン。
「セバスチャン」ってあんた・・・
かっこいいじゃないの。
f0222768_16263033.jpg

ならばこっちも横文字で
「ガリガリガリクソン」です。
f0222768_16351552.jpg



本当ならもう帰宅しているはずの短期留学中の二女。
どうやら、オ-バ-ブッキングにあったらしい。

代替え便で香港経由に乗せられ
香港から電話あり
またトラブルがあったらしく
今度はソウル経由-関空便に乗せられる。

たぶん、英語が堪能なら「NO!」と言って
絶対、乗って帰る!!とでも言えただろうけど
しかたない。

それにしてもオ-バ-ブッキングなんて
なんで、そこまで満席にして、儲けようとするかなぁ。
2~3席空いてても、客が気持よく搭乗してくれる方がいいと思わないのかなぁ。

欧米的感覚は
従業員の立場では「そんなこと自分の責任じゃないし」って感じらしく
誰一人として謝ったりしないらしい。
それって、腹立つ~!!
やっぱり日本の丁寧さを改めて感じる。
[PR]
by matsuko-san | 2010-09-20 16:36 | 日々のこと

留学

今朝、大学4年生の長女がニュ-ジ-ランドへ飛び立った。
来年の夏まで、クライストチャ-チの国立大学に留学する。

子どもの頃から、扱いやすい「いい子」と言われて
わがままも云わない、真面目な子だった。
小学校の担任の先生には「小学生の鏡」と言われた事があるくらい・・・。
それはそれで、親としてちょっと心配だった。
もう少し、ハメを外して、反抗する様な子どもが
まっとうな「子ども道」って気がしていたし
いつか反動で心を病むんじゃないかなとか
何も期待をしてないつもりだけど
何かプレッシャーを感じてるんじゃないかとか
とにかく、何も問題を起こさない子で心配だったのだ。


親に似ず、真面目にコツコツ勉強して、
国立大学にも推薦で入学して
彼氏を作るでもなく
夜遊びするでもない
その「いい子」の娘が
突然、大学を休学して、1年間留学させてほしいと
初めて、自らの希望を云った。


もちろん「どうぞ、どうぞ」とばかりに
送り出したけど、
以外に寂しい・・・。
雛が巣から飛び立った感じかな。
でも、これでよかったんだと云い聞かせてる。
f0222768_13451531.jpg

f0222768_13452933.jpg


あっちでハズバンドも見つけて、
私たちも移住させてくれないかなぁ~
このクソ暑い間だけでもいいから。


今日、sayuriさんから素敵なハガキ(写真)が届いた。
鮮やかな緑の草の中に真っ白なモンシロチョウ
北海道も今年は夏が長いから、まだ発生してるのかな
f0222768_13444211.jpg

[PR]
by matsuko-san | 2010-09-09 13:48 | 日々のこと

ニュージーランドへ

短大2年生の二女
今日から2週間の語学留学でニュ-ジ-ランド・ハミルトンへ飛び立った。


勉強は好きでもないし
英語もしゃべれないし
朝は起きれないし
なのに、1人で海外へ行くって、
そのチャレンジ精神はエライね。
空港でも1人で海外へいく若者が多かった。
私達の若い頃は外国へ1人でなんて
とても考えれなかったな~。

f0222768_16522093.jpg

f0222768_16532336.jpg


もうすぐ長女もニュ-ジ-ランドへ飛び立つ。
こっちは来年の夏まで帰ってこない…。

そろそろ私も
自分の時間の使い方を
考え直さないとなー。


4日に起こったニュ-ジ-ランドのマグニチュ-ド7の地震、大丈夫だろうか・・・。
[PR]
by matsuko-san | 2010-09-04 21:59 | 日々のこと

猛暑

連日37℃の猛暑が続く。

瀬戸大橋を渡って香川県の大学へ通う娘が
来年の今頃まで、大学を休学して
9月から海外へ留学する為
あっちで乗っていたチャリンコを船で持って帰ってきた。
フェリ-の着く港で、その船が着くまで海の潮の香りで癒されていようか・・・
なんて思うのは甘かった。
焼きつくほど暑~い!
モワ~っと生温かい風で、磯の香りも生臭い。
せっかく、久しぶりにここの港に来たのにな~。


f0222768_2258536.jpg

[PR]
by matsuko-san | 2010-07-30 22:48 | 日々のこと

娘の就活その2

 
先日、内定をもらった馬鹿親子、
今日、その会社を蹴ったらしく、
繰り上げ合格の連絡がきた・・・もちろん、もう1人の子に。
ほらぁ~、最初からその子にしておけって。。。感じ。
せっかく、採用されても、なんかケチが付いたみたいで
なんかイヤな感じ。


で当の娘は、完全に戦意喪失。_| ̄|O
気にしてないわ~
といっても、やっぱり、自信を失くしたのか、ちょっと、しょんぼり。

私は容赦なく
どこでもいいから新卒で就職を決めろ!と言い渡してある。

それは、一度は組織の中で働けば
嫌な上司や気が合わない同僚なんかにも揉まれて
マナ-や社会性も勉強できて
本当にやりたい事や向いてる仕事が見つかるってもんだろうから。

そんな説教を垂れてみるかと思ってたら、
急に、深夜、次の履歴書を書いてる娘
今度は、公務員。
これまた、無っ鉄砲なチャレンジだけど、
失敗を繰り返す事も大切だろうし、
もしかして、って事もあるしね。
 
それにしても、受付は今日まで。なんで、ギリギリになってから、やるかなぁ~。
いつも、ドタバタな下の娘。(親に似て)

その様子はとっても涼しい顔で見てる、超のんびり屋の上の娘…
いつも冷静沈着だけど、
大学4年生のキミも人ごとではないのだ。



f0222768_17245648.jpg
がっくし…でも次!次!
[PR]
by matsuko-san | 2010-05-27 20:30 | 日々のこと

娘の就活その1

昨日、娘がある会社の最終面接試験に
遥々、長野県まで大雨の中、行ってきた。

全国で1800人の応募があったらしく
各地で1次試験を通過した数十人が長野にある本社に呼ばれた。

地元の採用は1人。
娘はたぶんダメだろうと言って出掛けたけど
案の定、帰りの道中に、さっそく合否の連絡がきたらしく不採用だった。

それは納得できる。
娘は私に似て、自我が強いのだ。
わがままというのではなく、許せない事ははっきり主張する子だ。

ただ、面接では、どんな事を言われても、上手くかわせるかどうかの
圧迫面接ってものがある。
娘いわく「感じ悪いジジィ」(会社の会長様)が、
終止、真面目に答えた事を鼻で笑っていたらしい。
(もしかしたら、本当に意地の悪いジジィだったのかもしれない)

それでついに・・・

「アルバイト先の良い点を教えてください」という質問に
お世辞ではなく真剣に良い点を答えたら
会長に「どうせ、そういう風に言う様にアルバイト先に言われたんだろ、フン」と返され
カチン・・・ときた娘が
「本当に感じた事を話しただけです。たかがアルバイトの私に、面接で聞かれた時
よい事を言う様になんて、アルバイト先の上司が指示するわけないでしょう」
と言ってしまったらしい。


本人も自分の不採用は納得している。

がーしかし、

採用された子は、母親同伴で会社の面接に来ているというではないか!
たとえば、会社までじゃなく、少し離れた場所で落ち合うなら、まだしも
母親は社内を見学して、社内食堂でお茶を飲んで待っていたらしい。
親が同伴で就職試験も受ける時代なのか・・・。
私が社長なら、そんな子は一番に落とす!使えないのに決まってる。


娘と同じ大学からもう1人、一緒に残った子は
笑顔がとても感じがいいし、受け答えもハキハキして完璧だったらしく
その子じゃなく、その馬鹿親子の方を採用した事で
「永久雇用」と「年功序列」を売りにしてるこの会社の
管理職の能力のなさを感じる。


その親子と
帰りのバスが一緒だったらしく、不採用になった2人の隣で
母親が
「出来のいい娘でありがたいわぁ」と言って
「銀行も内定もらってるのよねー」
「どうするぅ?どっちにするぅ?」
てなことを、自慢げに親子で話してるのを聞かされて、
腹がたつより、本当にアホみたいで、2人でちょっと笑った。って言うので
まぁ、不採用になったけど、よっぽど、この子たちの方がまともだなって思う。

それから、名古屋の駅で、
帰りに渡された会長様の「本」をゴミ箱に
「こんなもんいるか!」って2人で捨てたっていうから
そういう所は、我が娘、あっぱれなのだ。

でも、
これから、どうなるのか就活・・・。
はやく自立しておくれ。

f0222768_1511759.jpg
ムギュぅ~、
ぶ-ちゃんもイライラ
[PR]
by matsuko-san | 2010-05-25 15:17